借金を返す時

銀行が進めているカードローン

銀行が進めているカードローンは、総量規制の対象からは除外されています。そのような理由から、多くの借り入れをしても不都合が生じることはないでしょう。借り入れの最高限度額につきましても1000万円程度に設定しているところが多く、安心できる金額だと思われます。

消費者金融会社と銀行

どんなローンを組む際でも、その段階でキャッシングによりお金を借りている最中なら、ローンというサービスでの借入金は縮小されることはあると言えます。
消費者金融会社でキャッシングすることに後ろめたい気持ちがあると言うのなら、銀行のサービスでも即日融資を行なっていますので、銀行の売れ筋商品でもあるカードローンを駆使してみると良いと思います。
生きていく上では、いかなる人であろうとも想定していなかった場面で、待ったなしでお金が要ることがあるのではないでしょうか?こういう事態が発生した時は、即日融資OKのキャッシングが便利です。
比較的低金利のカードローンは、事業資金などの借入の場合や、ある程度長い期間借り入れをしなければならないときには、毎月毎月の返済額を圧倒的に少なくできるカードローンだと言って間違いありません。

オンラインで申込みも可能

即日融資の申込みに関しましても、ご自身でお店に行くことは無いのです。オンラインで申込みをすることが認められていますし、必要と言われている各種書類も、ネットを通じてメール添付などすれば問題なしです。
どの金融会社も、即日融資は当然のことながら、例えば30日の無利子や嬉しい低金利、これ以外では収入証明を出さなくて良いなどの魅力的な点があります。自分に合ったところをチョイスしましょう。
返す時も、銀行カードローンは利便性に優れているというメリットがあります。これは、カードローンの借り入れ金を返す場合に、提携している銀行のATM以外にもコンビニATMからも返済することができるからなのです。
銀行が扱っているカードローン、はたまた信販系が扱うキャッシングにおいては、即日融資を依頼することは実際できません。ただし、大半の消費者金融に関しては、即日融資にも対応しているのです。
消費者金融は即日キャッシングサービスの用意をしているため、実際に申込み手続きをした同日内に、手間なくキャッシングサービスを活用して、借り入れることも容易なのです。

即日融資のカードローン

即日融資でお金を借りられるカードローンの人気が上昇中だと言われます。お金が必要になる時というのは、予告なしに訪れるものです。こうした危機も、「即日融資」の達人であるプロである当サイトにお任せください!
便利な「即日融資を実現するキャッシング」であろうとも、いつもすぐに審査が行われるものではないという事実に注意しましょう。詳しくは、プロミスの「即日融資」キャッシングのポイントで。
即日融資を頼む時は、言うまでもなく審査に不可欠な各種書類を揃えなければいけません。身分証明書はもちろん、現在の収入金額が載っている書類のコピーなどが要ります。
キャッシングの利用手続きをすると、貸金業者は申し込みを入れた方の個人信用情報を照会して、そこに新規申込があったという事実を足すのです。
保証も担保も両方なしで借り入れさせるわけですので、借り入れ人の人物像を信じるしかないわけです。現状の借入金が大したものではなく責任感のある人が、審査でOKが出やすいと言えるのです。

お金を借りる際に見ておきたい
~消費者金融比較~



□はじめに
「お金を借りる」行為は、できれば避けたいのが誰でも思う感情です。でも、どうしてもまとまったお金が必要なことは、社会人ならば必ずあるものです。そんなとき、親族や親戚または知人・友人を頼る選択肢もあるのでしょうが、今後の付き合いを考えると身近な人々から借金して負い目を感じるよりも、金利を払ってでもあえて貸金業者を選ぶという人も多いようです。

消費者金融というと、マイナスな印象を抱く人も少なくないでしょうが、法改正によって金利もだいぶ安くなり、業界再編も進んだことから、以前の悪いイメージはかなり払拭されてきています。
そこで、お金を借る際の手引として、消費者金融業者の代表的4社を挙げてお各社の特徴を紹介しましょう。

■アイフルでお金を借りる
京都市内に本社がある「アイフル株式会社」は、金融業界の中でも大手に名を連ねる東証1部上場の企業です。お笑いコンビ、バナナマンのテレビCMもすっかりおなじみで、キャッチフレーズは「スピード=Speed」「シンプル=Simple」「シークレット=Secret」の「3S」となっており、すなわち「迅速な審査「簡単な手続き」「誰にも知られず安心」というのが同社のコンセプトです。

アイフルのカードローンは、なんと最短30分で審査が完了し、最短1時間で融資が実行されるというスピードの速さが最大の特徴といってよいでしょう。また、審査が通るかどうかが心配」という人のために、同社のWebサイトにある診断チェックシステムに必要事項を入力すれば、クリックしてわずか1秒で融資が可能かどうかの診断ができるのです。さらに、専用の無人契約でんわBOX「てまいらず」ですばやくカードが発行できる点も魅力です。

気になる金利は、実質年率が4.5~18.0%で、借入限度額は500万円です。返済については、借入後残高スライド元利スライドリボルディング返済方式となっています。なお、担保・保証人は不要で申込時には免許証か保険証そして収入証明書類が必要です。

■アコムでお金を借りる
「は~じめてのアコム~♪」というフレーズは誰でも耳にしたことがあるでしょう。女性タレント小野真弓が長くイメージキャラを務めていた(現在は永作博美)「アコム株式会社」は、現在三菱UFJ銀行グループに属する東証一部上場企業であり、また日本の消費者金融業者では唯一マスターカードと提携していることから、信頼性が高い金融業者といえます。
社名は「愛情= Affection」「信頼= Confidence」「節度= Moderation」の3つの英語頭文字を合成した造語で、これがそのまま同社の社是となっています。

アコムのカードローンの最大の特徴は、新規申込みに限り「30日間金利ゼロ」というサービスで、さらに利用する際の「最短30分で審査回答」「いつでも返せて利息は利用日数分だけ」「ネットやATMで24時間借入・返済可能」という3大メリットを掲げています。また、パート・アルバイトでも申込みOKとなっています。

融資可能金額は1万~500万円で、金利の実質年率は4.7~18%。また、ショッピングに関しては利用限度額が10万~300万円で、実質年率は10.0~14.6%となっています。なお、返済は定率リボルディング方式です。

■モビットでお金を借りる
映画監督兼俳優の竹中直人とタレントの夏菜とのコミカルなテレビCMで有名な「モビット株式会社」は、三井住友銀行グループに属し、SMBCコンシューマーファイナンスが株式を100%有する消費者金融企業です。
創業が2000年5月とまだ新しい企業ではありますが、大手都市銀行が設立に関わっているだけに、消費者金融企業にありがちなマイナスの印象とは無縁な都会的で洗練された企業イメージによって業績は堅調です。

社名は「移動性=Mobile」「金銭=Money」の頭文字「MO」とデータ情報単位の「ビット=Bit」を合成した造語で、IT時代の先進技術と金融を融合させた意味が込められています。そして、企業理念は「パーソナル」「タイムリー」「インタラクティブ」の3つをキーワードに、21世紀型の金融リーディングカンパニーを目指しています。

カードローンは、Webサイトから簡単に申込みができて最短3分で融資実行されるというスピーディーさが人気で、これはモビットが業界で初めて導入したシステムです。
実質年率金利は4.8~18.0%で、借入れ限度額は500万円となっており、返済パターンのシミュレーションもWebサイトで確認することができます。

■プロミスでお金を借りる
三井住友フィナンシャルグループの消費者金融企業であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブランドが、かつては「黄色い看板」がキャッチフレーズだった「プロミス」です。
旧プロミス株式会社は2000年代に入ると金融業界の激動の業界再編の波に飲み込まれ、2012年7月に現在の社名に変わりましたが、ブランドには一般になじみが深い「プロミス」を用い、看板は青地にくっきりとした赤文字の「PROMISE」となっています。

社名の「消費者=Consumer」とブランドの「約束=Promise」によって、同社は消費者に満足を約束する使命感を社是とし、グローバルな視点による事業展開に邁進しています。
CMキャラである俳優の谷原章介やタレントの森カンナのさわやかなイメージをそのままに、従来の暗い先入観を吹き飛ばすような大胆な広告戦略が奏功し、着実に新規顧客を獲得してきています。

プロミスのカードローンは初心者でも簡単に分かりやすい手続き方法をとっており、Web契約であれば即日融資も可能で、しかも30日間金利無料のサービス(初回のみ)も人気です。なお、金利の実質年率は4.5~17.8%で、限度額は1万~500万円までとなっています。

□最後に
各社の概要を知ることによって、マイナスのイメージがプラスに変わった人も多いのではないでしょうか?
上記の消費者金融業者は、法改正と業界再編によって大手金融グループの傘下企業となり、健全な経営理念で運営されています。
あとは、借りる側である消費者自身が、適正な返済計画のもとに利用すれば何の問題も起きません。業者からの借入れは、個人対企業の金銭貸借契約であることをきちんと認識して活用することを肝に銘じておきましょう。